斎場ルールを知っておこう

自宅葬との違い

自宅葬との違い

自宅葬との違い 自宅葬で葬儀を行なえば、式場の使用料はかかりません。斎場は公営のものや民営のものなどがあり、使用料も異なります。また、斎場に火葬場が併設されている場合もあり、その場合火葬場までの移動に使用する霊柩車やマイクロバスが不要になるため費用を抑える事も出来ます。さらに公営斎場を運営する市区町村に、故人や利用申込者が住んでいる場合に適用される住民料金というシステムもあります。これは市区長村外に住んでいる申込者に比べて、低料金に設定されています。施設によりこの条件には違いがありますので、確認する必要があります。
斎場には宿泊できる施設と出来ない施設がありますし、会場によって霊安室を備えているところもあり、葬儀の日まで安置し、面会することも出来ます。その際の条件も様々で、24時間面会可能な場合や、特定の時間内だけや会場スタッフ立ち合いのもとでのみ可能な場合、また葬儀当日まで面会不可能な場合もあります。施設の特徴と自分や家族の希望が合う施設を探すと良いです。

斎場を探すときは地域の違いをチェック

斎場を探すときは地域の違いをチェック 急な別れが訪れると斎場探しをスタートする人は珍しくないと言われています。急いで探そうとしてもスムースに見つからないこともあるかもしれません。もし、適切な斎場を見つけられるか不安なら、地域による違いをチェックするといいです。
葬儀を行う場所によって進め方が異なることもあるため、その場に適した場所を探す必要があります。初めて探すときは適切な施設を見つけるのに時間がかかる傾向にあるので、詳しい人にサポートしてもらうといいかもしれません。大切な人との最後の別れを滞りなく執り行うためにも、さまざまな場所をチェックするといいです。一見魅力的に感じる斎場でもアクセスが難しいところだと、参列者への負担になることがあります。遠方から参加する人のことも考えて、移動手段を複数確保できるところを選択するといいかもしれません。どの斎場を選択するか決めるときは、納得できる葬儀をスムースにできるかトータルで判断するようにします。